スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Yahoo!ショッピングがとち狂った

最近、Yahoo!の検索結果(商用ワード)に、Yahoo!ショッピングの商品写真が4位と5位の間に数点挿入されるようになった。
YSTのSEO対策をして、そこからの閲覧者流入を期待している、通常の日本のECショップは、どえらい騒ぎなのでは?

だいたい、ショッピングモールと言うものは、例のウナギの産地偽造問題でも笑い物になったが、レビューなんて、いいかげん。

産地偽造の店舗のレビューで「流石国産のウナギは脂がのっていて、柔らかくて美味しいですね。」と書いてあった。

せいぜい、使った感想ではなく「お買い物の感想」が書かれる始末。

売れ筋も「単に安いもの」が主流になってしまう。
(もちろん、オリジナル商品など他に例のないものは別)

楽天ですら、その傾向が強く、いわんやYahoo!ショッピングで買い物をする人となると、Yahoo!オークションの影響も強く、「いかに安いか?」がメインとなる。
購買者の意識として、それは理解できるのだが、ビジネスの現場では利益が減るので、効率化が一巡してしまうと、サービスにかかるコストを当然下げざるを得なくなる。

本来の賢い買い方は
「いかにサービスを維持して、安く売ってくれる店を探すか?」
「サービスは自己解決するので、それを省いた安い店を探すか?」
「多少高くても、とにかくサービスが手取り足取りな店を探すか?」
と、この3通りの中で自分に合った店を探すことだろう。

しかし、Yahoo!ショッピングがYST検索結果にしゃしゃり出てきて、安モノを写真付きで表示させ安もの売り場へ誘導するようになってしまうと、この辺が理解できていないユーザーは、みんなそこへ行ってしまう。

そして、Yahoo!ショッピングに出店しないとECが成り立たない。
というような地獄絵図となってしまうわけだ。

とは言え、Yahoo!という検索サービスは当然ソフトバンクグループのもの。
その中で何をしようと、それはYahoo!(ソフトバンク)の勝手なわけだ。

だからオーバーチュアの収益が半減して、(実際、オーバーチュアのクリック数は半減した)それでも、Yahoo!ショッピングの収益でニコニコなら(絶対にありえないけど)Yahoo!グループとしては、万々歳なのだろう。


    ∩___∩         /゙ミヽ、,,___,,/゙ヽ
   | 丿     ヽ        i ノ        `ヽ'
  /  ○   ○   |        / `(○)   (○) ´i、  
  | U  ( _●_)  ミ      彡,U ミ(__,▼_)彡ミ   
 彡、    |∪|  ,,/      ,へ、,    |∪|  /゙ 
 /  ヽ   ヽノ  ヾ_,,..,,,,_      / '  ヽノ `/´ ヽ
 |      ヽ  ./ ,' 3 /;|   /`ヽーっ     /  |
│   ヾ    ヾl  ⊃|;';;|   |  ⌒_つ ソ   │
│    \,,__`'ー-⊃ノ    ヽ⊂'''''"__,,,ノ  |



先生助けて
朝起きたら、オーバーチュアちゃんが息してないの!

オーバーチュア

オーバーチュアのクリック数の減少(とある店舗のオーバーチュア管理画面より)

多分、先日の ネット通販  楽天>>>>>>>>>アマゾン>>>ヤフー  の記事で、Yahoo!ダメじゃんというネットでの嘲笑に、孫氏が激高してTOPダウンで「検索をにYahoo!ショッピングの宣伝媒体にしろ!」と怒鳴ったんだろうな。
(機能そのものは、以前からあったはず。前にも一度、オーバーチュア表示画面の上に、Yahoo!ショッピングの商品写真が並んだ事があるから。)
http://www.business-i.jp/news/ind-page/news/200811180087a.nwc
http://blog.livedoor.jp/news2chplus/archives/51302394.html

調査によると、全体の94.3%が「楽天市場」「Amazom.co.jp(アマゾン)」「Yahoo!ショッピング(ヤフー)」のいずれかを利用した経験があると回答した。今年に入ってからの利用率では、75.7%が利用した「楽天市場」がトップで、以下49.3%のアマゾン、37.7%のヤフーと続いた。


世間一般にはECでYahoo! ?
何それ?
ですからね。

more...

スポンサーサイト

theme : SEO対策
genre : ビジネス

YST更新があったみたいね

なんかYST更新があったみたいですね。現在、仕事で関わっているサイトのターゲットワードでの順位は3位。まだ少し動くと思うけど、5位以内にいればOKなので、楽観してます。

このサイトに手をつけてから、早、10月で1年。
2月辺りから上位固定になって、SEOという初歩の段階は終わったかな?
そろそろ、サイトのコンバージョンレートを劇的に上げる施策に集中したいな。

もう、上位表示は楽勝なので・・・
つまり、コンテンツを補充するという行為をある程度下っ端でも出来る体制が、整ったかな?
という状況なんで・・・

Googleの順位がまだ安定していませんが、何をやればよいかは明白。
予算が無い頃、SEO屋を追い出すために施策していたサイトが、いまだに本サイトより上位にいる始末・・・www
本サイトと、このどーでもいいサイトの違いは



これと、J-リスティングをしたかしないかの差・・・

こんな所で、効いてくるんですね・・・
ディレクトリ登録の差が・・・

でも、キーワードの特性か?
Googleからのアクセスって、すごい少ないんですよね・・・

某IT企業が、ライバルとして立ちはだかるのですが
(リンク網構築などでは、俺一人では到底及ばない)
作られた被リンクだと、Googleは評価するみたいですけど、YSTでは蹴られちゃったみたい。

被リンクを衛星サイト経由で作るのは良いのですが、やっぱり、そこにも心がこもっていないとね・・・

もちろん、良いコンテンツを乗せただけじゃダメ。
Blogなら積極的にトラックバックを飛ばす必要があります。

だから、迷惑トラックバックにならない、キチンとしたコンテンツを乗せて
トラックバックを感謝されるサイトにしないとね。(・ω・)

ちょっと記事をまとめて、以前、Blog(もうつぶしちゃった)に掲載した、Blogの本質って記事を今度書きますね。

theme : SEO対策
genre : ビジネス

MovableTypeのSEO対策(メタタグ編)

MovableTypeの記事を書いたので、ついでにMTのSEO対策の一部を書いておこう。
現在のGoogleWebマスターツールの警告に従って、最良のWebページのメタタグは、以下の要件を満たしている必要があるらしい。

全ページ、異なるタイトル、異なるキーワード、異なるディスクリプション。

まぁ、当たり前だな・・・・(・ω・)

でも・・・デフォルトだと、全ページ同じキーワード、全ページ同じディスクリプションになってしまうので、エントリーアーカイブのメタタグを以下のようにする必要がある。(タグを認識させないように、ひらがなの「く」の字に置き換えていますので、コピペはしないように)

くMTIfNonEmpty tag="MTEntryKeywords">くmeta name="keywords" content="共通ターゲットキーワード"く$MTEntryKeywords$>"共通セカンドターゲットキーワード" />く/MTIfNonEmpty>
くmeta name="description" content="く$MTEntryTitle remove_html="1"$>、く$MTEntryExcerpt$>共通ディスクリプション" />



く$MTEntryKeywords$>
ここに、各エントリーに入力できる、あのキーワードが入ります。

く$MTEntryExcerpt$>
ここに、各エントリーの最初の数十文字(MTの共通設定で指定した文字数)が入ります。

MTIfNonEmpty tag="MTEntryKeywords"
これは条件分岐、エントリーキーワードが未入力のときの対策

こんな感じで、カテゴリアーカイブも設定すれば、完璧ですよ。





当サイトはリンクフリーで、よいしょフリーです。
ご意見無用ですが、拍手喝采は大歓迎。
アフィリエイト報酬があった日には、もっともっとサービスしちゃうよ。(・ω・)/


theme : SEO対策
genre : ビジネス

IETesterって知ってます?

IETesterとは、IE5.5, IE6, IE7, IE8の確認が同時にできるツールです。

おぉぉぉ\\(゜ロ\\)Ξ(//ロ゜)//

サイト作成をしている制作会社は必須ですし・・
ECサイト等を運営している会社だって必須。

配布元HP(英語)
(変なものダウンロードするなよ・・・・)

ちょっとばかりバグがあるけど、まぁ使えないことはないので、素直に使いましょう。(Free)

以前から使っているので、今さらブログに・・・?
とは思ったのですが・・・
部下に教える手前、少し調べなおしてみました。
(ついでに役に立つ情報を掲載するのは、このBlogのポリシーなので)

そんでもって、これだけ便利なツールは
誰かが日本語化してくれるはず・・・

やっぱりいました。
素晴らしい方が・・・

IETester日本語化バッチ

効果があるWebサイト制作を掲げているだけあって、流石です。
このツールを配布することで、この企業は「世の為人の為」のSEO対策を行っているわけです。

だから僕もリンクを貼ってあげます。(^^)

流石です。

この会社のBlogをチラ見しましたが、私と全く同じ考え。
世の中まがい物が多いだけに、ちょっと嬉しかったな。

大切な肝とも言える情報を外に出して良いのか?
との考え方もありますが・・・
Webという世界を、良い情報で満たしたい。
という考えがあれば、これは積極的に公開すべき情報。

さて・・・
IEというブラウザは、本当に困ったちゃんです。
W3Cに則っていないんです。
だから、正しい記述でHTMLを組んでも、ちゃんと表示されないことがあるんです。

なのに、シェアはバカ高い。

だからWeb制作をする人間も、運営する人間も、間違っているからと言って無視できないんです。

そして、IE7をインストールしてしまうと、IE6との共存は、通常不可能。(なんかやり方があった記憶があるけど・・・)

という事で・・・・
どう見えるのか?
位は、チェックしていないと・・・
お客様からの問い合わせに対応できないわけ。

で・・・
SEO対策でHTMLのソースをキチンと書く。
って話があったと思いますが、HTMLテスターで100点を取れば良いわけじゃないのは、この点なんです。

(CSSを工夫すれば、現行全ブラウザ対応の100点HTMLも取れますけどね)

つまり、Webは情報共有の世界です。
まして検索エンジンは共有された情報に対して、お客様が喜ぶ順位を付けて表示するお仕事です。

HTMLソースが全ブラウザで正しく表示されるHTMLソースが評価されるのは、まさにこの点なんです。

すると・・・
HTMLやCSSの記述によっては100点満点ではダメ。という事も発生するわけです。

theme : SEO対策
genre : ビジネス

SEOは 量×質×心=結果 です。

SEOで上位表示されるには、毎日更新が必須だ!
と・・・一所懸命、どーでもいい事を毎日書いているBlogが多々見受けられる。

そんな事するなら、
(つまり、毎日更新する事にしか意義がなく、その為記事の内容がおろそかになっている)
ランダムな日本語(人気キーワード)並べて自動でBlog更新してくれるプログラムぶち込んだ方がマシ。RSSリーダ付きサイトに拾われて、思わぬ被リンクも稼げるからね。
(カバット君とか)

もちろん、そーゆーゴミブログを作るのは個人の自由ですが・・・
少なくとも検索エンジンという商売を考えれば、自動排除する方向で技術革新が続く訳です。
(だって、検索して下らないコンテンツが出てきたら、利用者側として腹立つでしょ)

どんなにどんなに積み重ねて、どんなにどんなに更新しても、コンテンツが稚拙では、「努力賞」とか「皆勤賞」として、ページランク1とか2しか与えられません。
(内容が優れていれば、別途評価されますけどね)

費用対効果、悪すぎませんか?

そもそも、インターネットは知の共有の世界です。
痴の共有に手を染めると、スパム判定喰らいますよ。

例えば月に数回しか更新していない
私の別ブログ
ottyankoの日記
は、軽くページランク4です。
毎日更新する気なんて更々ないっす。
(何らかのBlogを毎日更新しているかもしれんが・・・)

他にも、ページランクの高いBlogで、更新頻度の少ないBlogはいっぱいあります。
つまり、ナチュラルな被リンクを大量に確保している訳です。
この大量のナチュラルリンクという最強のSEO対策を可能とするBlogコンテンツの作り方って、どうやったらいいのだろう?

とりあえず私は、以下の事に気を付けてネタ探しと作文(笑)をしています。
(このブログに限らず、他の数サイトのBlogに関しても)

俺が知っていることで、皆の役に立つことって何だろう?
俺が体験した事で、皆が知りたがる事って何だろう?
俺が書いた事をキッカケに、自分でも記事を書いてみようと思うネタはなんだろう?

もちろん、読んでもらう為に更新頻度を上げるのは、サイト運営上悪い事ではありません。
可能であれば、良質のコンテンツで毎日更新すれば最高です。
それが無理なら、駄文の量産は止めて、「コンテンツの質」に重心を置いた方が、SEO対策上リスクは少ないです。

世の為人の為!
って記事が、実は最強なんですよ。

ECサイトを運営していて、アフィリエイトを実践していると、管理画面から調べられるのですが
成果報酬の高い人のBlogは、とてもコンテンツの質が高いです。
コンテンツの量も多いのですが、すべて質が高いです。
ある意味、ECサイトとなんら変わりがありません。

アフィリエイトにしろ、SEOにしろ
舐めてはいけません。
慢心もいけません。

リアルの世界と何ら変わりはありません。
コツコツ努力するだけじゃ高結果は出ません。
ヒラメキだけでもダメです。

量×質×気合い=結果
と、昔、営業会社で叩きこまれましたが、SEO対策も、まさに同じだと思います。
どこかに0があると、結果は0です。

質がいくら高くても、1ページしかないBlogじゃダメです。
(0じゃ、伝わりませんしね)
量がいくらあっても質が1じゃ、SEOという競争には勝てません。
そして、記事に心(みんなの為にという心)がこもっていないと、誰もナチュラルリンクを貼ってくれません。

低レベルな毎日更新Blogを書いている皆さん。
ちょっとだけ「公共の福祉」を考えてネタ探しや文章作りを心がけてみましょう。
レベル1を2や3にするのは簡単な話です。

そして、文体を「読んでくれる皆の為に」といった形にしてみましょう。
これは別に労力が必要な事ではなく、心構えの問題なので、簡単に達成可能です。
質のある文章に心がこもれば、被リンクはあっという間に増え、ページランク、検索順位、ともに大きく上がります。

俺、文章苦手だよ!
質を2にあげても更新頻度が1/2になったら結果は同じぢゃん!
と言う方・・・

ところがどっこい・・・・

質と気合(心)が高い文章は、被リンクがアップスパイラルで増えて行きます。
もちろん、話題の旬を過ぎれば、スパイラルは止まりますが
普遍的なネタであれば、被リンクの増大はずーっと続きます。

つまり・・・結果は天と地の差が出てきます。

量に特化したBlogは、書いている本人の息切れとともに終焉を迎えます。
一切の援護射撃はありません。

ちょっと筆を置いて、質・心を考えてみるのも良いかもしれませんよ。
昨今SEO関係の会社の業績悪化を見れば分かる通り、もう、ごまかしのSEOは通用しないアルゴリズムが出来つつある訳です。

古いSEO対策の本を盲信していないで、検索エンジンのあるべき姿から、SEOをもう一度考え、自分なりに知識を消化して血肉にしないといけませんよ。


補足
やっぱり世のため人の為なんですが・・・
人柱記事も結構ページランク高いです。(笑)

theme : SEO対策
genre : ビジネス

プロフィール

ottyanko

Author:ottyanko
それなりにちゃんとした事を書いていますが、リンクはたいてい、アフィリエイトです。
なぜなら、自分自身で申し込む時に使うから(笑)
でも、記事に満足して申し込む時は、よろしく。
更新の励みになりますのでwww



サーバー・レンタルサーバー




これは広告(・∀・)
使ったことはない。





使って良かった鯖
(若干高いけど安定してます)




使って良かった鯖
(安くて不安ですが期待値下げれば良)





被リンク対策の初歩は、ディレクトリ登録から。



コスパNo1のコーヒー
(・∀・)b
この値段でこの味と香りは奇跡

以下、広告(・∀・)



アフィリエイト・SEO対策







最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
amazon
amazon
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。