スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MT&XAMPPでゴニョゴニョ弄るか…

最近いじっていなかったMT(Movable Type)を無性に弄りたくなってしまった。
ここ2週間ほどUWSCのマクロソースを書いていたせいかな?
とにかく、何かコードが書きたくてね(´・ω・`)

以前ECサイトをMTで構築する際に散々いじっていたのだが、ここのところ写真にはまっていたりで全然いじっていなかった。

取り敢えず趣味で始めた写真も、一端のとは行かないまでも…辛うじてお金がもらえるレベルまでは上達した(・∀・)
デザインも出来ないことはない。
HTMLやCSSもいじれないことはない。
MTもいじれないことはない。

何から何まで「出来ないことはない」という控えめなレベルだが…
まぁ、もともと製作者じゃないので…
むしろ本職のディレクターでありながら、辛うじて手足が動くようになった訳だし
こんな物が作りたかった!って物を作ってみようと思う。

ふむ
現在のMTのバージョンは5.13なのね。
じゃ、個人使用ライセンスでダウンロード!




そんでもって、一応サーバーやドメインは持っているけど
製作中の酷いデザインを人に見せたくないので(;・∀・)
家のPC上で仮想サーバーを立ち上げ、そこにMTをインストールして
ゴニョゴニョしますわ(・∀・)

使うソフトは
XAMPPと言うソフト
XAMPP for Windows を入れようと思ったが、XAMPP USB Lite をいれれば、フラッシュメモリごとにMTサイトを分けられていいかなぁ?と思ったので、XAMPP USB Liteをダウンロード!

まぁインストール方法や設定方法は、http://toyokaway.com/?p=935 なんかを見れば分かるので、興味がある人は試してみてね。
セキュリティの設定は http://www.php-labo.net/tutorial/ready/xampp_setup.html を参考に(・∀・)
GDはインストールされていたので、探しただけ無駄だったw
あとは、http://kenqsan.com/webservice/99/ を見ながらゴニョゴニョ

で、phpmyadminから、新しいDBを作って
解凍したMTをxamppフォルダ内にmtフォルダを作って、そこへぶち込む。
MTのcgiファイルを開いて
#!/user/bin/perl -w

#!h:/xampp/perl/bin/perl -w
に書き換える。
そしたら、MTの起動を行える訳。(・∀・)




なんか、本でも買ってジックリ…とアマゾンを検索して良さ気な本を調べてみると…
既に買ってるよ…ってw
こりゃ家探しだなw
スポンサーサイト

theme : ホームページ・ブログ制作
genre : コンピュータ

MovableTypeのアップデートの間隔が短すぎないかい?

MovableTypeが4.22 に、またバージョンアップしました・・・(><;
なかなか安定しませんね。
今回セキュリティアップデートとの事ですが・・・
まだコンテンツを載せていないサイトなので、一からインストールしなおしていたら・・・・
Professional Pack バージョン 1.21

何これ?( ゜д゜ ) 
SixApartのヘルプを見ると・・・
http://www.movabletype.jp/faq/professional-pack.html

Q. Professional Pack とは何ですか
Movable Type 4.1 以降へのアップグレード中に次のようなメッセージが表示されました。

加えて、以下のコンポーネントのアップグレード、またはインストールが必要です。
・Professional Pack

「Professional Pack」とは何ですか。また、何か作業が必要ですか。

A.アップグレード時の画面に表示される「Professional Pack」は、Movable Type 4.1 以降の製品版に特有の機能をまとめたアドオンの名称です。カスタムフィールド機能などが含まれています。特にファイルのアップロードなどの追加作業は必要ありません。アップグレードの準備が整ったというメッセージになりますので、そのままアップグレード作業を続行してください。



なんか、4.1以降で出ていたらしいけど、4.01→4.22(この間4.21やったけど記憶が・・・)な俺にとって
、ちょっと未知との遭遇。

もっと未知との遭遇が発生!

初期ユーザーの登録画面がないのに・・・
いきなり、ログインのIDとPASSを聞いてきやがった・・・

サインイン

俺・・・どーなっちゃうの?
とりあえず、インストールしなおします・・・続きは後ほど・・・・

more...

theme : ソフトウェア
genre : コンピュータ

愚痴から生まれたWeb2.0的ECサイト

ECサイトを作った時のお話。

ハッキリ言ってな。
この会社(に限らず、この業界)販売力が無いんだよ。

すぐ、値段下げちゃったり
お客との交渉も、すぐに価格に接点を求めようとするんだよ・・・
挙句にクレーム(価格に接点を求めるとクレームがおきやすい)ばっかりで・・・

だから、売れるサイトを作ろうと、セールストークを社内で聞き出そうとしてもな・・・
全然イケテない言葉しか出てこんのや!
社内のリソース、使い物にならん!

そう思って、客のレビューを全面に押し出すサイトを設計したんだ。
まぁ、それが大成功だったんだけど・・・・
お客の夢の実現を語ってもらうようにしているからね。

意外と、店舗周りをした方が、生きた言葉が拾えたりする。
だから、店舗周りはなるべく理由をかこつけて、回るようにしている。
なんせ実店舗は、ネットよりも遥かに高い金額で売らないと
ビジネスモデル上、利益が出ないのだ。

多くの店が、インチキトークで売っているのも事実なんだが、しっかりした店舗は
キチンとお客にメリットを与え、適正価格で売っている。

つまり、サイトの文章をキチンと書けば、それだけで
単価が高くても買ってくれるし、決定率も高くなる。
更に、オプションやらなにやら付けた価格にして、(もちろんオプションにも夢やメリットを乗せて)
価格の単純比較が不可能な形にしてしまうのは必須。

もちろん、昨今の情報過多なご時勢
店の言い分だけじゃクロージング力が弱い。

だから、客の評判ってのをクロージングに使う。

そんでもって、配送完了メールに
「良かったらリンクしてね」とか「良かったらレビュー買いてね」とか入れておいて
SEOとLPOを同時に、ほぼ自動的にこなし、
アフィリエイトを値引きに使ったりして、SMOも、いつもの作業にぶち込んで、
無駄な労力なく、最大収益を狙うわけさ・・・

実は、若い頃
かなりのイケイケ営業マンで、コピー機やら何やら
糞みそになって売っていた経験が、
こういった所で役に立つ。

今じゃ、デザインもこなし、コーディングもこなし、ディレクションもこなし、プロデュースもこなし、各種プロモーションもこなし、マーケティングもこなし・・・
1999年にストリーミング関係の書籍も執筆し、女子大で講義もこなし、各種取材も受けちゃったりと・・・・・イケイケ営業マンのかけらも感じない、インテリチックな仕事しているけど・・・

実は・・・某○通信(現在東証一部上場企業)の創業期(店頭公開前)の営業マンなんだな・・・(笑)
なんかE-Learningの学会で、論文も書いているが、実は高卒なんだな・・・(笑)

何が言いたいかと言うと、サイト構築はビジネス構築である。

クレバーな頭脳も必要
顧客の心を汲み取る心配りも必要
糞みそになる根性も必要

つまり、手間を惜しんではいけないが、その手間に無駄があってはいけない。
常にお客との心のやり取りが必要。

そして・・・努力は(体力上、頭数上)有限だが、工夫は無限!

京都人は、始末と工夫!って連呼するらしいけど、当にその通り。
始末(節約)は当たり前だけど(それが難しいかも)
工夫は、無限の可能性を引き出す。

だから、そろそろサイトの大幅な手直しをしようかなぁ・・・と・・・(1年たったし)

theme : ネットショップ開業
genre : ビジネス

Movable Type 4.21をLacoocanにインストールしてみた

Movable Type 4.21を入手して、例のNiftyが提供する格安実験サーバーにインストールしてみた。
ご存知の方も多いと思うが、Lacoocan独自の(MTのマニュアル等とちょっと違う点)設定も含めて、インストールの流れを簡単にアップします。

まず、Movable Type 4.21の入手。
↓こちらから入手して下さい↓





個人利用の場合は無償ですが、商用利用の場合は有償(52,500円:1サーバー・5ユーザー・50プロフィール)となります。

個人利用の方はこちらから


入手したファイルは、MT-4_21-ja.zip となりますが、これを解凍して、MT-4.21-jaフォルダ内のファイルをmtディレクトリに全てアップします。
※ 「mt-config.cgi-original」「readme.html」は必要ないので、アップロードしなくてもかまいません。

   /bin
   /dev
   /etc
   /homepage
      /mt
   /lib
   /tmp
   /usr  

ちなみに、私は
mtというフォルダだと、MTの格納先がスパムロボットに簡単に発見されちゃうので、amtとかbmtとかcmtとか・・・ちょっと違う名前にしちゃいます。
setup1

(こんな些細な事をやるだけでも、若干セキュリティが向上しますので)


アップロードが完了したら、cgiファイルの属性700に変更しましょう。
setup2


http://[取得したアカウント].[サブドメイン].coocan.jp/{MTを格納したフォルダ名}/
にアクセスすると、あとはウィザードに沿ってインストールを簡単に行えます。

※ウィザード設定上、他のサーバーと異なる点

●DBをMySQLにする場合(推奨)
MySQLの設定をする場合、その辺の設定とちょっと違います。

データベースサーバ:mysql

データベース名:MySQL設定時にもらった8桁の英数字

ユーザ名:「データベース名」と同じ8桁の英数字

パスワード:MySQLのパスワード


●Sendmailの設定
ここもサーバーによって異なりますので、念のため。

sendmailのパス: /user/sbin/sendmail
テスト送信するメールアドレス:確認可能なメールアドレス



まぁ、当たり前のことですが
以下、設定しましょう。
(あとで変更可能ですので、仮設定でもかまいません)

○「Movable Type」の管理者の設定

ユーザー名:ログイン時に入力するID

表示する名前:ブログを投稿した際に表示される名前

電子メール:コメント通知などで利用します

使用言語:(必要に応じて変更してください)

パスワード:ログイン時に入力するパスワード

パスワード再入力:(上記で設定したパスワードを再入力)

パスワード再設定用のフレーズ:(パスワードを忘れた際に使用します)


○最初のブログの設定

ブログ名:(あとで名前の変更は可能です)

ブログURL:「http://」から記述します。

公開パス:/homepage/(上記「ブログURL」と同じフォルダ)

テンプレートセット:「既定のブログ」を選択(後で変更可能)

タイムゾーン:(必要に応じて変更してください)



これでMTのインストールは完了です。
あとは煮るなり焼くなりご自由に・・・

MT

★煮て焼いた話・・・
前のバージョンに比べて、テンプレート設定が確かに楽になりましたね。Ver3.3x時代に近い感じ?
以前の記事にも書きましたが、SEO対策や運営上、ちょこまか変更が予想される部分は、全てモジュール化しておくと良いですよ。

metaモジュール(メタタグの設定)
bannerモジュール(バナーの設定)
といった具合に・・・
だって、それをやらないと、変更時に
やれ、インデックステンプレート変更やら、アーカイブインデックス変更やら、Webページ、ブログ記事など、様々なテンプレートを変更しないといけなくなるので・・・

やっておけば、該当するモジュールを変更すれば、一発で完了します。(^^)y

theme : ソフトウェア
genre : コンピュータ

プロフィール

ottyanko

Author:ottyanko
それなりにちゃんとした事を書いていますが、リンクはたいてい、アフィリエイトです。
なぜなら、自分自身で申し込む時に使うから(笑)
でも、記事に満足して申し込む時は、よろしく。
更新の励みになりますのでwww



サーバー・レンタルサーバー




これは広告(・∀・)
使ったことはない。





使って良かった鯖
(若干高いけど安定してます)




使って良かった鯖
(安くて不安ですが期待値下げれば良)





被リンク対策の初歩は、ディレクトリ登録から。



コスパNo1のコーヒー
(・∀・)b
この値段でこの味と香りは奇跡

以下、広告(・∀・)



アフィリエイト・SEO対策







最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
amazon
amazon
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。