スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HDD交換OS再インストールは定期的に

友達のPCが故障したらしい。たいていHDDのトラブルで前兆がある。そんなのばっかりだ。(まれに電源やマザーボードなどが逝かれるケースもあるけど)
壊れないPCが欲しい!とつぶやく人もいるが良く考えてみよう。
HDDの規格でディスクの回転数を見ると、デスクトップPCの場合、たいてい7200rpmを使っている。
これは1分間に7200回転すると言う意味。
そして、その回転数を維持したままディスクのあちこちに散らばっているデータを読みに行くヘッドは、あっちを読んだりこっちを読んだり大忙しなわけ。

アナログ世代のオジサンはレコードを想像してみよう。
あれはレコードを1分間に45回転とか33回転させていた。HDDはそのざっと160倍の速度で回っている訳。
そして3曲目を聞いてから5曲目へ飛ばして1曲目を聞く…そんなレコードのかけ方をしているのがHDDという代物。
レコードに例えれば、いかに無理をしているか?一定時間を過ぎれば壊れるのが当然か?想像出来るだろう。

他にもこれだけ過酷な状況で、熱が発生するのは当然としてその熱によるトラブルや消耗も馬鹿にならない。だからHDDの冷却をしっかり対策するだけで寿命は大きく伸びる。

最近はSSD(記憶媒体としてフラッシュメモリを用いるドライブ装置)なんかも流行っていますが、まだまだPCの主要記録媒体はHDDなのでHDDの冷却についてちょっと紹介すると…

下記のHDDに




こんなもの↓(HDD用冷却ファン)を付けるだけで安定性は大きく跳ね上がる。



ただし、このファンそのものが壊れる事もあるので(私はそれでHDDを駄目にした経験あり)出来ればファンコントローラー



で、回転数や温度を見張っておくのも良いでしょう。(まぁ一般的にはここまでやる必要はないかもしれませんが)


HDDの回転数規格には、現状7200rpmと5400rpmがあります。
私の場合、保存データー(バックアップや常用しないデータ)は、5400rpmのHDDに、常用するデータやOSは7200rpmのHDDに入れています。
5400rpmのHDDのメリットは、まず安い!そして回転数が抑えられているので耐久度の面でメリットがあるわけです。ただし速度は遅いです。だから用途によって使い分けしています。

パーツは新宿のヨドバシカメラやビックカメラ等で会社帰りに、チラ見しながら面白そうな情報収集をして(本当は秋葉原がいいんだけど、ちょい遠いので)ネットで買うことが多くなりました。



以前はネットで情報収集して秋葉原でお買い物が多かったのですが、最近は秋葉原の各店がECサイトをやっていて店舗価格より若干安く買う事も出来るので(マジになって足を棒にして捜せば、ECサイトより少し安く買う事も可能ですが、時間がもったいない)重宝しています。

自分の場合、だいたい2年サイクルでHDDの交換とOSの再インストール、そしてバックアップデータの移し変えなどを行います。これは経験上のHDDの寿命と、2年もすると同程度の価格帯で主流HDDの容量が2~4倍になって、増えたデータや複数の古いHDDのデーターを1台のHDDにまとめたり出来るからです。

定期的な交換が一番ですが、なんか、最近パソコンの調子が悪いなぁと思ったら、即、行動しましょう。
大切なデーターがお釈迦になってからでは遅すぎますから…
スポンサーサイト

theme : PCパーツ
genre : コンピュータ

tag : ストレージ PC

プロフィール

ottyanko

Author:ottyanko
それなりにちゃんとした事を書いていますが、リンクはたいてい、アフィリエイトです。
なぜなら、自分自身で申し込む時に使うから(笑)
でも、記事に満足して申し込む時は、よろしく。
更新の励みになりますのでwww



サーバー・レンタルサーバー




これは広告(・∀・)
使ったことはない。





使って良かった鯖
(若干高いけど安定してます)




使って良かった鯖
(安くて不安ですが期待値下げれば良)





被リンク対策の初歩は、ディレクトリ登録から。



コスパNo1のコーヒー
(・∀・)b
この値段でこの味と香りは奇跡

以下、広告(・∀・)



アフィリエイト・SEO対策







最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
amazon
amazon
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。