スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ECサイト(B2C)の被リンク獲得対策

被リンクを少しでも多く獲得する事は、SEO対策にとってとても重要な事である。
しかし、その被リンクを買ってはいけない!
即、検索エンジンからペナルティを食らう。

あくまでナチュラルリンクでなければならない!
(この辺の細かい事は、後日書きます)

ECサイトを運営していると、思うのだが・・・
どうして、以下の手法をやらずに、どの店長もアホなIT営業の言う事を真に受けるのだろう?
小手先の技術に走ってしまうのだろう?

すごく簡単な事である。

配送完了メールに

「良かったらリンクしてね」

と一言書き添えれば良い。


購買客の100%がやるとは限らないが、1%でも反応があればしめたもの。
もともと貴方の店で商品を買ったお客様だ。
あまたの店の中で貴方の店を選んだお客様なのだ。
キチンと商売をしていれば、貴方の店のファンなのだ。

相互リンクである必要もない。
リンクして下さいと頭を下げる必要もない。
ただ
良かったらリンクしてね ハート
とでも書けば良いのだ。
別にしろ!と言う訳でもなく
何かをサービスする必要もない。

やってくれるお客様は
好意的に(片道)リンクを貼ってくれる訳で
検索エンジン側からスパム判定を喰らう要素は1mmたりともない!

いつも出すメールだからテンプレートもあるだろう。
そこに一言書き添えるだけなのだ。

極めて安全で、効果が高く(多様なリンク元なので)、
費用が全くかからないこの方法を
なぜやらないのだろう?
スポンサーサイト

theme : Webサービス
genre : コンピュータ

プロフィール

ottyanko

Author:ottyanko
それなりにちゃんとした事を書いていますが、リンクはたいてい、アフィリエイトです。
なぜなら、自分自身で申し込む時に使うから(笑)
でも、記事に満足して申し込む時は、よろしく。
更新の励みになりますのでwww



サーバー・レンタルサーバー




これは広告(・∀・)
使ったことはない。





使って良かった鯖
(若干高いけど安定してます)




使って良かった鯖
(安くて不安ですが期待値下げれば良)





被リンク対策の初歩は、ディレクトリ登録から。



コスパNo1のコーヒー
(・∀・)b
この値段でこの味と香りは奇跡

以下、広告(・∀・)



アフィリエイト・SEO対策







最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
amazon
amazon
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。